人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 95 )   > この月の画像一覧

自転車をとめて

f0302331_21291662.jpg


f0302331_21291613.jpg




練習の帰りに幹線道路にかかる歩道橋の脇に自転車をとめました。

前の日に家から駅に向かう途中で、このはなが太陽を受けて咲いているのを見つけあとで撮ろうと思っていました。

花の名前はわかりません。

今まで注意してみたことがなかったので、この植物に花が咲いたのを始めてみました。



葉の形が甘茶蔓ににているので、そうだとばかり思い込んでいたのですが、甘茶蔓はごく小さな花しかつけないようです。

夏になるとつる性の植物のしたたかさでびっしりそのあたりを覆います。

咲いてから暫くすると星型になっていくのでしょうか?



f0302331_21291617.jpg


f0302331_21291624.jpg




3月26日撮影


by tensinonamida_iza | 2007-03-31 05:22 | はなたち

浅い夜に



言葉のひとひらを最後に



一つのページが終わる



どこから始まったのか



遠い記憶



どしゃ降りの朝に



音もなく消えていった



春の嵐に揺さぶられ



f0302331_21291626.jpg




それでも信じた



そこにあるから…



この桜に誓おう



未来のかけらが手の中に



月の光で暖められ



もうひとつのページが始まる



終わることのない



永遠のページ




by tensinonamida_iza | 2007-03-31 04:05 | はなたち

ひとりのために



一日が死んでゆくのは明日のため



f0302331_21291591.jpg




今誰かが消えて 今誰かが生まれた



f0302331_21291580.jpg




この星から ほとばしる歌は 誰のため



f0302331_21291529.jpg




レクイエムの後に 闇が訪れたら



f0302331_21291590.jpg




永遠に離れることがない 手と手をとって



f0302331_21291555.jpg




完璧な眠りを眠るだろう



f0302331_21291542.jpg
f0302331_2129157.jpg




終焉の色は叫び こだまする



f0302331_21291572.jpg




全てのひとりのために


by tensinonamida_iza | 2007-03-30 22:31 | 朝焼け・夕焼け

泊船寺

f0302331_21291414.jpg


3月21日のお散歩で立ち寄ったお寺です。



道端の周辺案内図を頼りに探し当ててみると、住宅外のなかにあるこじんまりとしたお寺でした。



お彼岸真っ最中のため、法要が行われている最中で、お話の様子がマイクで流れてきたり。入り口にはずらりとおまいりの方の靴が並べれられていました。お邪魔にならないように砂利をふむあしもおそるおそる、関係者の方に会釈しつつ撮影をさせていただきました。 







この日の散策はJR大井町駅からスタートしています。

途中あちこちで開花した桜を見つけたり、花壇の花のなかにかわった植物を見つけたりと、寄り道ばかりしているので所要時間がわかりませんが、一番近いのは鮫洲駅です。



f0302331_21291482.jpg




柳の新芽が揺れるもんをくぐるとハナスオウが少しだけ咲いていました。



f0302331_21291471.jpg




f0302331_21291527.jpg


永徳2年(1382)創建とされるこのお寺は、5台将軍綱吉の時代の住職が松尾芭蕉と親交が深く、境内に牛耕庵を築いて芭蕉を招いたそうです。歌碑が多くありますが、知識がないためあまり読めません。勉強不足ですが、画像だけ紹介させてもらいます。

 


 


 


 


 


 




























f0302331_21291554.jpg




この碑は裏側だけ撮影して正面は撮りませんでした。雪柳が咲く井戸の方向から見ています。後ろに見える門を出ると、道の向こう側に海晏寺があります。













































f0302331_21291538.jpg




























































f0302331_21291584.jpg




























































f0302331_21291534.jpg




























































f0302331_2129159.jpg






石を花瓶にして椿の蕾が…








by tensinonamida_iza | 2007-03-29 05:00 | 寺社

隔絶



近くて遠い、触れられない



f0302331_21291442.jpg




視界からの消滅



f0302331_21291444.jpg




存在しなかったかのように



f0302331_2129141.jpg




黙り続ける風景


by tensinonamida_iza | 2007-03-29 00:00 | フォト

時をとめて



光と命がであった



眠ったままの季節を越えて



奇跡はかなわないと知りつつ



神に祈らずにいられない



どうかこれ以上



奪わないでくださいと



せめて今ある力だけは



残してくださいと



f0302331_21291432.jpg




それさえかなわないなら



なぜ目覚めさせたのか



至高の瞬間を与えながら



試すというのか



それでも振り返れない



立ち止まれない



朽ち果てる時まで



光を追いかけて










by tensinonamida_iza | 2007-03-28 22:02 | 空と樹と…

赤く赤く…



太陽はただひとつ



f0302331_21291314.jpg




輝くのはただひとつ



f0302331_21291353.jpg






まっすぐに飛び込んでくる



f0302331_2129148.jpg




この腕に満ち溢れて




by tensinonamida_iza | 2007-03-28 12:00 | 朝焼け・夕焼け

海晏寺

長久4年(1043)鮫の体内から観音像が出現したという海晏寺の草創伝説がある。





と以前の記事に書いたのですが、泊船寺について検索していると同じ文章が…。

今のところ未確認ですが、たぶんこのお寺の伝説であるというほうが正しいように思われます。大寺院であることは後から知りました。そんな立派な場所を訪れてお花だけでは終われないので、少しお付き合い下さい。



         

         
f0302331_21291315.jpg




供養塔もたくさんありましたが、お参りの方の邪魔になるので今回は撮影しませんでした。



         
f0302331_21291310.jpg




この歌碑も残念ながら読めません。どこかに解説が掲示されていると助かるのですが…・。



         
f0302331_21291328.jpg




広い敷地なのですが、予備知識もなく訪れたので、少しの時間立ち寄った程度でした。この辺にはお寺が多いですから、一日かけて散策しても楽しいでしょう。詳しい説明は手抜きさせてもらいます。以下のサイトでどうぞ。



http://www.ne.jp/asahi/hon/bando-1000/tam/tama/meg/m010/m010t.htm



なかなか撮影したものずばりの説明には行き着かないのですが。



前もって調べてから訪れるほうが何かとわかりやすいのでしょうが、足の向くままに出かけた先での偶然の発見というのも喜びです。この日もどこかにお寺がないかな、というくらいの気持ちで歩いていましたから、大収穫です。お寺につく前の道端にはツルニチニチソウが咲いていました。



         
f0302331_21291386.jpg




大井町の駅で買ったパンをお昼にして、この日の最後の訪問地羽田へ向かいました。





by tensinonamida_iza | 2007-03-28 10:34 | 寺社

躑躅



   
f0302331_21291374.jpg




3月18日の撮影ですが、つつじが垣根一面に咲き乱れていました。



f0302331_21291378.jpg


躑躅にも種類はいろいろありますね。



これはオオヤマツツジ系、早咲きなので小紫だと思います。



私の出身の群馬県にはつつじが岡公園というツツジの名所があり、色とりどりのツツジか咲きそろうと一面のモザイク模様がすばらしいところです。暫く群馬にも帰っていないのですが、たまに帰ると街の変貌ぶりに驚くばかりです。自分の育った街なのに、だんだん親しみが薄れていく感じがします。たびたび帰っていればいつまでも愛着があるのでしょう。



















つつじが岡公園については↓



http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/tsutsuji/



躑躅という漢字の由来や、躑躅の種類の見分け方なども紹介されているサイトです。



f0302331_21291397.jpg

by tensinonamida_iza | 2007-03-28 00:10 | はなたち

おかげさまで~

50000アクセス超えました~。

って、いちいち騒ぐのは暫くやめようかとも思ったんですが、軽いノリで。

お祝いは紅白饅頭の予定でしたが、おいしいならなんでもいいいか、ということで。

はい、どうぞ召し上がれ~。



   
f0302331_2129125.jpg




手作りのチーズケーキですが、残念ながら私が焼いたのではありませんよ。オーブンないし。レアチーズケーキなら作ったことがありますけどね。甘いものがお好きなかたにはまだありますよ。ダイエット中のかたには目の毒ですが、チョコパフェを。とろーり。コーンフレークが入るようになったのはいつからなんだろう?



   
f0302331_2129129.jpg




あまりファミレスに行くことはないのですが、こういう場所にある物を使って見せる、ちょっとしたマジックみたいなものって誰が最初に考えるんでしょうね。ストローの袋を使ったのとか、色々あるみたいですが。でもこれはみたことありませんでした。皆さんはどうですか?



   
f0302331_21291249.jpg




ほら、傾いたままグラスがたってますよね。影をみれば支えていないことがわかるのですが、本当は水を入れたままでも出来るそうです。私は、真似しませんが。ちょっと相手が席を離れた時にやるいたずらだそうです。



   
f0302331_21291263.jpg




不思議~。

とりとめもない話に流れてしまいました。

これからも宜しくお願いしまーす!





by tensinonamida_iza | 2007-03-27 00:00 | イザ