<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

カレンダー埋めただけ

ブログを書きはじめて50日、きっかけはひとつの自殺だった。そしてその後も自殺の連鎖がとまらない。



暗いニュースが多くていやになってしまうこともあるが、スケートアメリカでの安藤美姫選手の演技に感動したり、ここで生まれた暖かいつながりも。



記事関連のブログは、他の方がしっかり書いているのを読んで納得して終わってしまい、自分の幼稚な文章を書くにはいたらないことも多い。



今日は一番に読んだのが春樹さんのフランツ・カフカ賞受賞の記事だったことがうれしい。最近の作品は難解になってきている感じがするけれど、やはり好きな作家。



本を読むのも私は遅い。頭悪いから…読んでいると寝てしまうから…



きょうはぶつぶつつぶやいてるな…



私は脱力系…IZAらしくないけど。




f0302331_182512100.jpg


[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-31 05:35 | 指定なし

夜明け

f0302331_1825923.jpg




雲を眺めるのがすき…

[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-27 06:30 | 朝焼け・夕焼け

SANKEI EXPRESS試読中





写真がきれいです!

一つ一つの記事の分量が多すぎず読みやすいです。

ただしIZAで記事をチェックしてる人が見た場合、まったく同じ記事をあとから発見することがけっこうあります。しかし小さなコラムがページ最下段に統一されて並んでいるので、ちょっとした空き時間などに気軽に読めます。新聞無購読層がターゲットというのもうなずける紙面作りですね。



一面は国際関係の記事を常に取り上げていて、思い入れが伝わってきます。2面以降はTOP5というくくりで特に政治面、経済面と分けられているわけではないので(実質はそうなっていますが)、さまざまなジャンルの記事を硬軟とりまぜて読んでいけます。紙面が限られているので裁判記事のように長文を載せる必要がある場合はかなりの制約があるとは思いますが、深く掘り下げてみようとするなら他の新聞(たとえば産経本紙など)もあわせて読む必要がありそうです。



電車のなかで読む場合従来の新聞のように縦折にしてしまうとよみづらいです。読みたいところを抜き取って横2つに折って読むかすべての記事を読むなら両手で開いて読まなければならないです。ただ余計なことですが、電車の中で読んでいるとタブロイド紙という性質上、競馬新聞等を読んでいるように思われそうなので、早く知名度があがってほしいです。キムタクのCMが放映されているそうなので、そのうち知らないひとはいないくらいになるかもしれませんね。



とはいえもう購読予約しちゃいました。安いし、専売所のお兄さんが感じがよかったので。新聞の外交員てひどい人がいますよね。感じがいい人からなら何でも買ってしまうわけではないのですが。(詐欺師なんてみんな必要以上に感じがいいんでしょうね。訪問販売のセールスマンなども感じよく必要のないものを売りつけに来ますからね。)



そうそう、普通の新聞は独得のにおいでくしゃみが出てしまうのですが、紙が上質なので手が黒くならないのもよいし、においも気にならないです。(花粉症のかた、新聞でくしゃみがでないですか?)

f0302331_1825962.jpg




ホームページは… SANKEI EXPRESS 
[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-26 00:00 | イザ

コメントが投稿できないので、

ここからお返事。相変わらずPCがエラー続きで、コメント投稿を2度試みましたが、ページが表示されず断念。おかみふみかつさんがブログにいろいろなブラウザを紹介してますね。IE7はサポートがないのが痛いです。Windowsなんてキライ#ノ-_-)ノ ┴┴
 hirotamiさまへ
[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-25 00:16 | 指定なし

不具合?

朝PCの電源をいれてIZAを開く。自分のブログでコメントを書こうとしたところでキーボードが反応しなくなりました。マウスも使えない…スタートメニューボタンも反応なし(´Д`)というわけで、またまたお休みm(_ _)m
f0302331_1825786.jpg

[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-24 08:19 | 指定なし

高円寺のフラメンコ

開店35周年のタブラオ、カサ・デ・エスペランサ。

間口が狭く初めて行く場合は前を通っても気がつかないくらいですが、その穴倉的な雰囲気がフラメンコの異空間にぴったりな店です。今回はスペインからディエゴ・アグヘタというカンタオール(歌い手)がくるというので、期待大。踊りの伴奏の場合と違い、歌を聴きたければやはり歌のみのライブです。カンテ(カンシオンという呼び方はしません)のみのライブは多くないので、こんな機会は逃せません。但し踊りを習っていても誰でもカンテの会に行きたいわけではなく、ひとりでくることも多いです。



この世界ではカンタオーラとして不動の地位にある川島桂子氏、画家が本業の堀越千秋氏が共演。ディエゴは前日に来日予定だったが、イベリア航空が遅れてアムステルダムで足止めを喰い数時間前に到着。そんなわけで本当はもっとおしゃれなのだがといいつつ、ジーンズで登場。しかしそこはヒターノ(ジプシー)、余裕の歌いっぷりです。

堀越氏は今釜を焼いており、そこでは山伏や仙人と酌み交わすなどなかなか一般人には体験できないことをいろいろお話されていました。堀越氏のカンテも、こちらが本業かというような有無を言わせぬ堂々たる歌いっぷり。歌詞の方は”お前のせいで俺のおふくろは死んじまった”というようなもので、こんなのを毎日唱えているスペイン人てどうなんでしょうね?と冗談交じりにいって笑をさそっていました。



堀越千秋氏については井上ギャラリーの作家紹介



f0302331_1825641.jpg




ちなみにこの店の料理はスペイン料理ではありません。大根の煮物やらポテトサラダ、鳥のから揚げなどご飯のほしくなるようなものばかり。ハモン・セラーノなんかはありますが。出演者は通常日本人が多いです。
[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-23 13:43 | フラメンコ

暫くかかりそう…

PCが初期化を要求してきたので、ネットにいつ接続できるかわかりません。原因不明です。携帯からみれたらいいのに。(携帯より投稿しました。)(ToT)
[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-22 20:09 | 指定なし

七つ森

お砂糖もミルクも必ず入れて飲むのは正しいコーヒー党じゃないですか?とにかく毎日コーヒーが欠かせません。家で飲むコーヒーに特別なこだわりはないけど、外で飲む場合はかなりの種類(豆の種類というより淹れ方ですね)がありますよね。冬になるとカプチーノが恋しいのですが、猫舌でなかなか飲めない上に口ひげがついちゃったりします。すっかり浸透しているカフェ・ラテも店によって色々で”カフェオレになりますがよろしいですか?”といわれてしまったり。どっちにしてもあのクリーミーなあわが欲しいんです。夏のアイスココアもホイップクリームが乗ってるのがすき。結局舌がお子ちゃまってことかな。



外でコーヒーというとスタバやらドトールなどが当たり前になっていますが、喫茶店というのは昭和の遺物となりつつあるんでしょうか?禁煙かどうかという要素が大きいのかもしれませんが、最近あまりみないですね。長く続いている高円寺の喫茶店の前を久々に通ったのですが、おもったより駅から遠くて、とうとうなくなってしまったかと思いました。      ”七つ森” 1978年創業     
f0302331_1825587.jpg




学生のころ沿線に住んでいたので、ときどき遊びに来ていました。右から左へと書かれている看板も中々良いです。昔からレトロだったけど、時を経て本物のレトロになってます。マッチがちょっと凝っていて、かつては¥5で売ってたかと思います。今回は別の目的で来ていたので、外からだけで残念…

高円寺の町は若者向けの服を売る店やお香が漂ってっくるような雑貨屋などが多く散歩するだけでも楽しいです。ここ以外にも結構喫茶店をみかけます。
[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-21 00:16 | フォト

心の恋人

彼がいなかったら今の私はなかった。

今は亡きA・ガデス



f0302331_1825413.jpg




夢中になって何度『カルメン』(C・サウラ)を見たことか。

鳥肌立つ迫力。

日本でのその後のフラメンコブーム(今は下火)の火付け役ではないだろうか。

カレンダーの余白に描き始めたところ、ちょっとのつもりが紙一杯に…

もう何年も前に写真を見ながら描いた。

来春また彼の舞踊団がやってくる。
[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-20 06:35 | フラメンコ

朝焼け3(10・12)

  
f0302331_1825330.jpg




小出しにしてます。
[PR]
by tensinonamida_iza | 2006-10-18 01:18 | 朝焼け・夕焼け