風吹き荒れて:4



ヒュウガミズキ。早春に木々を飾る花は静かな美しさ。



  
f0302331_21284128.jpg




 
f0302331_21284268.jpg
 



派手さよりもひきつけられるしたたかな存在感。



芽吹きのまえのわずかなひとときを心楽しく。



陽光あふれる華やかな春への序章にふさわしく。



まだそこにはオーケストラの音楽もなく、



集まりだした楽器たちが、



思い思いに調律をするさまのよう。



いろとりどりの協奏曲はすぐに始まる。



まだ小さな声でおしゃべり。



ひそひそ話と、くすくす笑う声…。



期待で胸をはずませて、



幕開けをまつ。



f0302331_21284235.jpg




聴衆のざわめきは波が引くように消えて



やがて、歓喜の旋律がなにもかも光で包んでしまうだろう。



瞳を閉じずにその一瞬をみつめていよう。





[PR]
by tensinonamida_iza | 2007-03-07 12:00 | フォト
<< 天使が舞い降りる空 風吹き荒れて:3 >>